映画「ガッチャマン」観て来た……のですが

 観て来たは観て来たのですが……。
 いろんな情報は既に各方面から出ている通り、かなりの駄目映画です。
 そんな駄目映画をここで感想書きたくないのですが、あまり心に溜めておきたくないものでして、ちょいとここで吐き出させていただきます。

 以下、ネタバレ。

 とは言うものの、元々予告の段階から嫌な予感はしていましたし、ある程度前評判は聞いていましたから、ダメージは少なかったですよ。
 加えて言えば、観る事自体も映画館のポイントが溜まっていたので、それ使いました。よって懐も痛んでいません。


 さて、感想の前に最初に言っておきますが、ガッチャマン自体に思い入れはありません。世代が違うので、アニメほぼ見た事ないす。
 観ようと思ったきっかけも、ある程度金の掛かった日本のヒーローものを観てみたいと思ったからです。
 予算がいっぱいある人間ドラマの多い戦隊もの……な感じなのかなぁと最初は思っていました。

 ……これならもっと戦隊ものっぽくていいんじゃないかと思いましたけども。


 まあ、駄目な点はいくらでも挙げられるので、せめて良かった点を先に挙げたいと思います。


・冒頭のアクション

 これは予算のある戦隊ものの本領発揮ですね。
 アクションもCGもなかなかであり、これは観たいもの観れました。
 ただ、武器とかスーツの性能について詳しい事もうちょい教えてほしかったものですけど。人外レベルのパワーは、スーツのせいなのか元々のものなのか……。
 また、あれはジャンプなのか本当に飛んでいるのか……。ジャンプなら、あんましマントの意味無い気がするのですが。実際、緑の人は戦闘中マント収納していた気がしますし。
 パンフレットとかには詳しい情報あるのかもしれませんが、買いたくないですから。


・緑の人のキャラクター

 かなりアレな性格の人たちばっかりの中で、唯一好感持てるというか、ちゃんとしている気がしましたね。
 ……ただ、余命の少ない母(義理)の為に除隊を考えている……って、ちょっと前の回想で言われていたけど、お前らそういう自由無いんじゃ無かったのかよ。これはどう考えても脚本というか、設定がおかしい。


・主題歌

 予告でもかかっていましたが、なかなか耳に残っていい曲ですね。こちらはダウンロードしました。


 ……以上。

 これだけだよ畜生。


 後は駄目なポイント。


・無駄な恋愛要素

 これが駄目だとは言わん。
 一般客釣る上では、こういう要素も必要でしょうよ。
 ただ、くどい上に長い。
 冒頭で派手なシーンやり尽くしたせいか、中盤のこの戦闘シーン皆無の時間が本当に苦痛。
 あのパーティー潜入シーンは本当に必要だったのか? お前ら別に非公式の組織な訳じゃないんだろ? んなもん堂々と入れよ。
 中だるみ避ける為に、確実に中盤にもう一回派手なシーン入れるべきだった。獅堂さんとのバトルとか、もっと盛り上げようはあっただろうよ。
 実際、パーティーシーンから先、観に来ていた子供が退屈したのか劇場ウロウロして迷惑でした。まあ、これは親が一番悪いけどな。


・剛力さん演じるキャラが最悪

 しょーじき言いまして、わたしゃ剛力さん自体にあまりいい印象もってないす。
 原因は、去年のプロメテウス吹き替え事件。
 そんでビブリアのキャスティング事件のせいですね。ビブリアに関しては、ドラマを見る気がさらさら無かったので、内容とか演技に関する文句は言いません。
 まー全て彼女の責任という訳でもないですし、最近はあまりにも叩かれ過ぎなので、ちょっとかわいそうになってきたかな~とか思っていたのですよ。
 ……今回のこの事件で、また苦手になりました。

 彼女の演じるこのヒロイン。あまりにもキャラクターが酷すぎて、逆に叩かれるの狙っているんじゃないかと錯覚しちまいます。
 最も、今回も彼女の責任つー訳では無いのです。無いのですけど……ね。なんかこう、モヤモヤするよね。

 まず、主人公に対する好き好きオーラが酷い。
 そもそも惚れた理由が定かではないので、なんでそんなオーラ放っているのか分からん。序盤はひたすら主人公も無愛想で冷たい人間なので、ただ見た目に惚れたとしか感じない。命救われたとか、分かり易い理由でいいから、そういうの欲しいよ。
 そしてお前TPO考えろよ。
 なんで、作戦遂行中に昔の女の事とか、付き合う付き合わないとか聞いてんだよ。
 エージェントって本当は嘘でしょ? 本当はバイトかなんかでしょ?

 そんで、終盤の主人公に対してこの台詞。
「あなた狂ってる」「あんな醜いスーツ着せられて……」
 仮にも惚れている男に言う言葉じゃねぇし。やっぱり、ただ見た目に惚れているだけとしか……。
 そして、あれのどこが醜いスーツなのだろうか……。問題だらけの作品で、唯一スーツは格好いいと思っていたぞわたしゃ。

 ……う~ん、不満ポイントが彼女に集中していたので、長くなってしまった。
 とりあえず次行きます。


・終盤のバトルの迫力不足。

 序盤であんだけ派手なバトルやったのに、敵の要塞に入ってからはどうにも迫力不足。
 まー狭い所で殴り合っているだけですからね。
 もうちょい、分かり易いでかい敵とか出すなりして、五人がかりで勝利なシーン見たかったよ。
 ラスボス……いくら強いって言っても女性だし。盛り上がりに欠けるよ。

 この映画観て、思い出したのが「仮面ライダーTheFirst」あれも観ている側が期待していない恋愛要素とか、三角関係盛り込んだおかげで物語が酷い出来でした。でも、あっちは全編まんべんなくバトルシーン盛り込んでいるし、そのバトルシーンもこれまた格好良いもんだから、また観たいと思ったものなんですがね。
 これはまた観たいとは思わんな。冒頭のバトルだって、散々予告で見たもんだし……。

 とにかく不必要だとは言いませんが、あまり恋愛に比重置くの止めてほしい。
 ガッチャマン観に来て、恋愛映画観させられるとか無いでしょう。あってもいいけど、邪魔にならない程度で頼みます。多分、多くの人がこの作品に期待しているのは、派手なアクション要素だろうよ。そういう期待を裏切っては駄目だろう。

 ラストのオチからすると、続編作りたそうな感じだけど……作品の出来がこれだから、恐らくは無理でしょうね。
 まぁ、続編で上に書いたようなマイナス要素が全部排除されたなら、観て見たいとき思いますけど……それって別の作品になるって意味ですから無いでしょうね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード