FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイベストなゲームBEST10(アドベンチャー)

 こちらはいわゆるノベル系のゲームで選考されています。
 このジャンルに関して言えば、比較的最近のが多いですね。シリーズものが多いので、シリーズは一つでくくりました。


01 Fate/stay night [Realta Nua] (PS2)

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] extra editionフェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] extra edition
(2007/04/19)
PlayStation2

商品詳細を見る

 知り合いに面白いからと薦められてアニメ版から視聴。……ですが、序盤の物語の進行速度の遅さとか、いまいち聖杯戦争のシステム的なものが理解できなかったので、ライダー戦あたりで見るの止めました。
 それがなんで原作ゲームプレイするに至ったかというと、劇場版「空の境界」からの影響です。この作品からタイプムーンさんを知りまして、アニメは確かに微妙だったけど、ゲームは面白いと聞きましたので購入してみたのです。
 以降、すっかりドはまりし、以降……ZERO、エクストラ、アポクリファ……はたまた他のタイプムーン作品等を色々と追いかけていく結果となりました。
 アニメの方はまた作り直すと聞きましたので、期待したいですね。



02 STEINS;GATE(シュタインズゲート) (PSP)

Steins;Gate(通常版)Steins;Gate(通常版)
(2011/06/23)
Sony PSP

商品詳細を見る

 こちらもネットの評判を知ってから購入。最初こそ、主人公のキャラクターに馴染めなくて微妙な感じでしたが、次第に日常が崩れていく描写や、中盤以降の展開は目が離せなかった。
 ドはまりして以降、アニメ、小説、映画等関連作品を追っていく事になるのですが、この作品はやたらと関連作品多すぎるので、とてもじゃないが全て追えない状況。特に、わたしゃラブコメメインのものがあまり好きじゃないので、シリアス方面メインで追いかけています。
 最近読んだ外伝小説の方も最高に面白かったです。是非とも、来年あたりにアニメ化希望。



03 MISSINGPARTS the TANTEI stories (PS2)

MISSINGPARTS the TANTEI stories CompleteMISSINGPARTS the TANTEI stories Complete
(2012/11/29)
Sony PSP

商品詳細を見る

 こちらに関する思いのたけは以前語りましたので割愛です。
 難しいかもしれないけど、続編あるならやりたいなぁ。恭ちゃんと和君の共演とか観たいもんです。……まぁ見たいのは、一柳シリーズに出てきた三笠さんが恭ちゃん等MPキャラと絡むシーンなのですがww 恭ちゃんの先輩の探偵とか、色々夢が広がる……。



04 かまいたちの夜(PS)

かまいたちの夜 特別編かまいたちの夜 特別編
(1998/12/03)
PlayStation

商品詳細を見る

 サウンドノベルの金字塔。スーファミからの移植作ですが、私が馴染み深いのはこのPS版。一体、何人の透と真理を死なせてしまった事だろう……。
 しかし、これをプレイしてからというもの、雪山の山荘ってのはどことなく憧れみたいなもんがありますね。……まぁ、私は北海道在住なので雪や吹雪なんてものは珍しくもなんともないのですが。実際、真冬の夜にプレイすると、変な臨場感があるものです。幽霊編とか結構怖かった記憶がありますね。
 このゲーム、続編は何気に多く出ていますが、やはり初代を超える作品は未だに出ていませんね。それでも、こういう推理ゲームは大好きですので、もっと出してほしいものです。



05 逆転裁判シリーズ (NDS,3DS)

逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000
(2008/04/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 こちらも要所要所で語っているので、今更語る事も少ないですねぇ。
 最近、やっと正当な続編が出た事ですし、今後も新作の方楽しみにしています~。


 
06 神宮寺三郎シリーズ (PS,PS2.PSP,NDS,3DS)

探偵 神宮寺三郎 復讐の輪舞探偵 神宮寺三郎 復讐の輪舞
(2012/06/28)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 探偵ものですが、あまり推理やなんかは必要としない、ハードボイルド小説みたいなもんですね。まあ、神宮寺さん格好ええし。
 私はPS2の「イノセントブラック」から入りました。その時まではちゃんとした推理ものしかやった事が無かったので、大人な世界観に引き込まれていきました。
 今でも2年に1度くらいのペースで発売されるので、まだまだ続いてほしいシリーズです。
 しかしまぁ、こういうシリーズ物の宿命か、主人公サイドの人間関係って全然進展無いですよねww あった時はシリーズが終わる時だと認識しています。



07 一柳和の受難シリーズ (PS2,PSP)

雨格子の館 PORTABLE 一柳和、最初の受難雨格子の館 PORTABLE 一柳和、最初の受難
(2009/09/17)
Sony PSP

商品詳細を見る

 雨格子の館、奈落の城、氷の墓標の三作品ですね。とりあえず、ミッシングパーツの製作スタッフが関わっているという事を知り、かなり期待して最初の作品を買いました。
 実際にプレイしてみると、ミッシングパーツとはかなり毛色が違うのですがww
 ゲームとしては、結構本格的な推理ゲーム。ただ、その推理ってのが見立て殺人が起こるから、それに関係するアイテムを隠して殺人が起こるのを防ぐっつうもの。
 自力で完全に解決するのはかなり難解なゲームですが、新作が出るならやりたいもんです。ただ、主人公が職業探偵でも刑事でもないただの一般人なので、事件に関わるのが難しそうですね。
 ちなみにですが、氷の墓標は登場人物がちょいと少なすぎるので、なんか物足りない感じ。容疑者はもうちょい多い方が良いな。
 個人的には、分かる人には分かるミッシングパーツ関係の小ネタを探すのが楽しかったですね。また、ミッシングパーツでは無かった、館に閉じ込められて~的な事件を堪能出来たことは素直に嬉しい。推理物ではこのタイプが一番好きなものでww



08 シルバー事件(PS)

シルバー事件シルバー事件
(1999/10/07)
PlayStation

商品詳細を見る

 かなりマイナーだと思いますが、なんだか凄い心に残っているゲームです。
 PS2の「花と太陽と雨と」から入り、同じスタッフが作ってしかも評判が良いらしい……とネットで聞きましたので、プレイしてみたのです。
 話的には難解。ヒロインらしいヒロインも居ないし、かなり独特で大人な雰囲気の世界観。非常に遊ぶ人を選ぶゲームだとは思います。でもまぁ、私個人としては面白いと感じました。……正直言って最後の方はよく分かんなかったのですが。
 ……しかし、この文を書いていたら、10数年ぶりにやってみたくなってきた。今ではPSアーカイブで買えるので、やってみようかな。もう登場キャラの名前だったり、細かい部分忘れているので、それなりに新鮮な気分でプレイ出来るかも。


09 428 (Wii,PSP)

428 ~封鎖された渋谷で~(特典無し)428 ~封鎖された渋谷で~(特典無し)
(2008/12/04)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 昔、かまいたちと同じぐらいの時期に発売された「街」と似た感じのゲームらしいですが、わたしゃその「街」やった事ないのです。チャンスがあればやってみたいですが、あまり売っているの自体見た事ないですね。
 プレイ当初はやっぱり実写という事で、馴染めるか不安だったのですが、チュンソフトのサウンドノベル自体触れるのが久しぶりだっただけに、非常に懐かしさを感じました。
 実際、ストーリーの方も面白いので、プレイ当時は寝るのを我慢してどんどん進めていったのを覚えています。
 かまいたち同様、こういったタイプのゲームももっと出してくれないかな~と思ったり。


10 ウィッシュ・ルーム (NDS)

ウィッシュルーム 天使の記憶ウィッシュルーム 天使の記憶
(2007/01/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 CMに惹かれて購入。独特の、線画タッチのキャラがそのまま動くっていうのがなかなか味があって良かったものです。ゲームとしても、DSの機能フル使用で使い方も見事でしたね。
 内容は、登場人物が抱える悩みだったり問題を解決しつつ、物語の主題となる秘密を解き明かすというもの。いわゆる推理物とは違いますが、謎解きもそれなりに難解で、苦労した記憶があります。
 続編となる「ラスト・ウィンドウ」も大変面白かったので、更なる続編を期待していたのですが……。残念ながら、ゲーム会社が倒産という事で、悲しいかな続編は無理そうですね。あぁ、登場人物のその後とか気になっていたのに……。レトロな世界観もツボだったんだけどなぁ。


 シリーズ物を一緒にしたので、何気に選考に迷ったベスト10でもありました。
 ベスト10外としては、赤川次郎さんの「夜想曲」シリーズ(PS)、あとは「EVE burst error」(PS2)が後に続くかと。EVEシリーズはそれしかやった事ないす。
 社会人になってからはゲームする暇がさほど無くなったものですが、こちらのジャンルは簡単に出来るというアドバンテージがある事もあり、社会人になってからは最も多くプレイしたゲームでしょう。
 振り返ってみたら、ほぼ2000年以降のゲームばっかり。この辺はRPGジャンルと両極端ですね。
 しかしまあ、こうして文を書いていたら、久しぶりにやりたくなるゲームばっかりだなぁ。一部を除いて手元にあるので、ちょいと引っ張り出してみようかと思ったり。

 こんな感じで、私個人のゲームベスト10でありました。
 他にも映画とか別のジャンルでやってみたいなと思ったり。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。