マイベストな映画BEST10(洋画)



 以前ジャンル別のゲームベスト10を作りましたので、今度は映画のジャンルで作ってみたいなと思います。
 とりあえずは洋画部門ですが、ジャンルはかなり偏っています。
 ……まぁ、私の見る映画のジャンルってSFかアクションしかありませんので。



 正直言って、どんだけ心に残るかは時期的なものもあります。
 なんだかんだ言って、幼い頃の思い出に勝るものはありません。

 今回の選出も、やっぱり小・中・高生時代に観たものが多めですね。
 またあの当時は、今みたいに気軽に映画観れなかったものなぁ。

 思い入れの強い作品は、語りだすと長くなってしまうのですが、あまり細かくネタバレ言ってしまうのもつまらないので、ネタバレの方は少し抑えてあります。

 並び順は、ランキングではなく五十音です。

 では、参考がてらにどうぞー。





01 インデペンデンス・デイ

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]インデペンデンス・デイ [Blu-ray]
(2012/05/11)
ウィル・スミス、ビル・プルマン 他

商品詳細を見る

 えーと、観たのは中2だったかな。まず、映画館の予告でやられました。
 SF映画は幼い頃から見ていましたが、宇宙人が侵略してくる系ってこれが初めてだった記憶があります。

 でかい宇宙船がヌーっと出てくるシーンは衝撃的でしたねぇ。また、小さい宇宙船がヒュンヒュン飛んでビーム撃つシーンを見て、正直地球の現代兵器で勝てる訳ねぇだろと思ったものです。だから、どうやって勝つのかが楽しみではありました。
 
 また、当時友人の中にUFO関係のネタが好きな人が居たので、色々変な知識が増えたのも今となっては良い思い出。ロズウェル事件とか。……そういや、X-FILEとかが流行っていた時期でしたね。

 ストーリー的にはアメリカ万歳な映画なのですが、観たのが中学生ですから、別にそんなのは気にならなかったですね。

 個人的に好きなシーンは、中盤の渓谷での戦闘機と宇宙船のドッグファイト。あれは燃えた。

 ……今年の夏ごろには、正式に続編映画の製作がスタートしたらしいですが、すんごい蛇足にならんか不安ですねぇ。観るとは思いますけど。



02 キス・オブ・ザ・ドラゴン

キス・オブ・ザ・ドラゴン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]キス・オブ・ザ・ドラゴン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/09/14)
ジェット・リー、ブリジット・フォンダ 他

商品詳細を見る

 変なタイトルと思う事なかれ。……まぁ私も最初はそう思った。言っておきますが、恋愛ものじゃなくてガチガチのアクション映画。
 私がジェット・リー大好きになったきっかけの映画でもあります。……最も、観たのはレンタルビデオだったのですが。

 ストーリーはかなりツッコミどころ満載というか……。

 その一、ジェットがあまりにも強すぎる。いや、そこは観ていてスカッとするポイントなので良いのです。悪徳警官どもをバッタバッタとなぎ倒す様は爽快。
 何処か、スティーブン・セガールの映画に通じる部分がありますね。

 その二、パリの警察があまりにも悪党過ぎるというか……いくらなんでも職員全員悪人って、酷過ぎると思うの。もはや警察でもなんでもない。なんか制作側がパリの警察に恨みでもあるんじゃないかとか錯覚しちまいますね。

 その三、針があまりにも便利アイテム過ぎないか。動きを封じたり、痛みを和らげたり、眠らせたり……。まぁアクションに組み込まなかったので、そこは良いのですが。
 一応、この針が最後の最後でタイトルに関わってきます。

 好きなシーンは、クライマックスの警察署にジェットが乗り込むシーン。まぁ、とにかくジェットが強すぎる。敵もあまり銃とか使わないしね。


03 ザ・ロック

ザ・ロック [Blu-ray]ザ・ロック [Blu-ray]
(2010/09/22)
ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ 他

商品詳細を見る

 ニコラス・ケイジが好きになるきっかけになった映画。
 この映画の舞台であるサンフランシスコは、学生時代に研修旅行で行った場所なので、余計に思い入れのある映画だったり。
 アルカトラズ島も遠くからだけど見てきましたよ。感動しました。

 ストーリーもアクションも素晴らしい映画だと思います。
 何より、ジョン・メイソン(ショーン・コネリー)が爺さんの筈なのに凄い頼り甲斐があるのですよ。そして、頼りないキャラクターから次第に成長していくグッドスピード(ニコラス・ケイジ)。
 また、裏設定というかメイソンの正体が実は某有名映画のあのスパイ?というのを匂わせていたりして、色々想像するとなんかニヤニヤしちまいますね。

 好きなシーンは、最後のバトル。特に、神経ガスのボールを口に押し込んでの「こいつをくらえ」ですね。相応の酷い死に方だと思われます。



04 スパイダーマン(2002)

スパイダーマン [Blu-ray]スパイダーマン [Blu-ray]
(2012/11/14)
トビー・マグワイア、ウィレム・デフォー 他

商品詳細を見る

 マーベルのアメコミ映画から選出。
 幼い頃、東映版のスパイダーマンをチラっと見た記憶があるせいか、このスパイダーマンのデザインがなーんか印象に残っていたのですよね。全然面白くなかったけど、昔の映画版も見た記憶があります。
 そもそも設定もよくわかんないけど、格闘ゲームの「マーベルVSカプコン」ではスパイダーマン使っていた記憶があります。

 だからこそ、最新の技術を使って映像化されるってのは、なんか嬉しかったですね。
 実際、公開されてからも大興奮でしたな。
 とにかく、糸を使ってのスイングシーンが素晴らしい。これは、2…3…アメイジングとどんどん進化して行きましたね。

 ただ……残念な点と言えば、1~3のヒロインであるMJのキャラクターが酷いというか……。主人公が一途なのに対して、ころころ付き合っている恋人が変わって、とてもヒロインの器じゃねぇ。こりゃあビッチと言われても仕方ねぇぞ。映画としては好きだけど、このヒロインだけは好きになれなかったなぁ。

 好きなシーンは、1…2…3とそれぞれにありますが、1に限って言えばグリーン・ゴブリンとの最初のバトルシーンですかね。あの空中戦は興奮しました。



05 ダークナイト

ダークナイト [Blu-ray]ダークナイト [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る

 スパイダーマンを選出したのなら、バットマンも入れねばなるまいて。私の中では、この二つの作品は別格なのですよね。
 リターンズにするべきか迷ったのですが、繰り返し見ている頻度という事で、こちらを選出。

 私の中でジョーカーと言えば、89年度版のジャック・ニコルソンが演じたジョーカーなのですが、原作でのジョーカーのキャラクターを知ると、設定として正しいのはやはりこちらのジョーカーなのですよね。
 特殊能力も特殊な武器も持っていない。
 だというのに、バットマンの永遠のライバルと言われるのはこの男だったり。
 このダークナイトでも、見事に主役を食うほどの存在感。
 素直なヒーローものとして見れないのは残念ではありますが、アメコミものに一石を投じる作品になったのは間違いないですね。……まさか、スーパーマンにまで影響するとは思いませんでした。

 ただ、敵でいえばジョーカーのみならずトゥーフェイスまで出してしまったのはもったいなかった。
 トゥーフェイスはキャラクターとしての存在感がでかいだけに、こちらは続編の新しい敵として取っておいても良かったのではないかと。そうしたら、ダークナイト・ライジングはまた違った内容になったでしょうね。

 好きなシーンは、バット・モービルが行動不能になり、中からバット・ポッドが現れるシーン。こんな登場とは思わなかった。



06 ターミネーター2

ターミネーター2 プレミアム・エディションVer.2.0 (シンプル版) [Blu-ray]ターミネーター2 プレミアム・エディションVer.2.0 (シンプル版) [Blu-ray]
(2010/04/28)
アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン 他

商品詳細を見る

 こちらも恥ずかしながらSF界の名作。そしてシュワちゃんの代表作。
 続編が第一作目を超えた、希有な作品ですね。

 ぶっちゃけ、1は幼い頃に観たのですが、ホラー要素が強くて、ちょっとトラウマになりました。いやぁ、ラストにT-800の素体が迫ってくるシーンは怖かった。その後プレス機で潰されるシーンも含めて。

 その点こちらの2作目はエンターテイメントに徹しています。
 とにかく不気味で圧倒的に強いT-1000。あの液体金属のうにょーってやつは、正直他の映画だったり、パロディだったりで散々真似された方を先に見ていたので、それほど凄いとは感じなかったのですが、最初にそのアイディア思いついた方は凄いですね。
 そして、それを迎え撃つシュワちゃん。バイク乗りながらリロードするショットガンに、ガトリングガン、グレネードと様々な武器を駆使し、非常に格好良い。

 好きなシーンは、やはり最後のコナー少年とT-800の別れ。溶鉱炉に溶けていき、最後にサムズアップするシーンはひたすら涙ですよ。

 ちなみに、研修旅行でロスのユニバーサルスタジオ行った際に、こちらの作品のアトラクションも体験しました。まぁ、英語なので内容は完全には分からなかったのですが、大変楽しかったです。



07 フェイス/オフ

フェイス/オフ [Blu-ray]フェイス/オフ [Blu-ray]
(2010/12/22)
ジョン・トラボルタ、ニコラス・ケイジ 他

商品詳細を見る

 ジョン・ウーの作品から一つ。ジョン・ウー氏の作品は数あれど、自分の中での代表作はこれ。
 アクション映画なのですが何というか、アクションが格好いいだけではなく、美しいとまで感じた最初の映画でした。
 二丁拳銃に、スローモーションで乱れ飛ぶ弾丸、至近距離で銃を突きつけ合う二人……そして舞う鳩。今となってはさほど珍しくない要素ですが、当時はひたすら格好良かった。

 まあ、FBIの捜査官と凶悪犯罪者が顔と立場を入れ替える……っていうストーリー的には無理があるというか、さすがに都合良いだろと思う展開満載なのですが、とにかく勢いで駆け抜けます。
 最も、展開的には無理がありますが、話自体は良いのですよ。傲慢でひたすら息子を殺した相手への復讐に燃えていた主人公が、顔を変え、立場が変わって、色々な事に目を向けて気づき始めるところとか。

 アクションも素晴らしいですが、主役二人……ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジの演技も凄い。極悪人にしか見えなかったニコラス・ケイジが、顔を入れ替えてからはちゃんと悪人を演じている主役に見えるのですよ。反対に、正義の人だったトラボルタがしっかり極悪人に見える。

 好きなシーンは、中盤にて鏡越しに主役二人が銃を突き付けあうシーン。互いに顔を入れ替えているため、鏡に映るのは自分自身。でも、相手の顔でもあるってのがこの映画のテーマを表しているようで面白い。



08 ブレイド

ブレイド [Blu-ray]ブレイド [Blu-ray]
(2012/12/19)
ウェズリー・スナイプス、スティーブン・ドーフ 他

商品詳細を見る

 スタイリッシュ系アクション映画。
 吸血鬼ものを扱っている映画ですが、ゴシックホラーテイストはほとんどなく、素直にエンタメSFアクションものとして観ればいいかと。

 ただ、このアクションがまた格好ええ。刀と銃でもってバッタバッタと吸血鬼を灰にしていくアクションは、どこか美しささえ感じます。特にこの部分は、シリーズごとに進化していきました。
 また、吸血鬼を銃とか近代兵器で倒してもいいのかと思い知らされたというか……。こういうゴシックホラー的存在って、近代兵器通用しないイメージがあったのですが、それをバイオハザード同様にぶち壊してくれた気がします。

 続編の2では少しホラー要素も強くなって……というか、敵がグロくなったのですが、アクション要素もパワーアップしました。グロかったけど、そこは良かった。
 そのまま順当に進化してくれれば良かったのですが、完結編である3の出来は残念でしたねぇ。題材は良かったと思うのですがね。人間の組織の共闘とか、吸血鬼の始祖たるドラキュラが敵とか。

 好きなシーンは、やっぱりラストバトルにて、人の血を吸う事を禁じていたブレイドが、遂に血を吸って力を取り戻すシーンですかね。



09 マトリックス

マトリックス [Blu-ray]マトリックス [Blu-ray]
(2010/04/21)
キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン 他

商品詳細を見る

 いろんな意味で画期的だった作品。予告で流されるあの映像の数々は、そりゃあ衝撃的でした。特に、ネオの弾避けのシーンは色んな所で真似されたよね。
 また、自分がDVDを初購入したのもこれ。当時は、PS2で観ていたっけなぁ、懐かしい。

 ストーリーは、よく分かんない部分が多いものの、コンピューター用語とか理解できてくると、なるほどなぁ~と思えてくる箇所が多いです。特にエージェントとか。
 ただ、この一作目に限っては、ストーリーよりも映像とアクションを堪能しろという感じですね。
 仮想現実なんだから、なんでもありとばかりにガンアクション、カンフー、ワイヤーアクション、スローモーションと……これでもかと詰め込んであります。……この世界に行ってみたいとは思いませんが、特に修練の必要なしに色んな技術習得出来るのって羨ましいですな。

 私としては、アクション要素がパワーアップした続編のリローデッドの方が好きだったりします。特に頭使わないで、純粋にアクション楽しむだけなら、こちらですね。
 特に冒頭でネオがあの強かったエージェントをばったばったと倒すシーンは爽快でした。

 とりあえず、無印において好きなシーンは、モーフィアスを救う為にビルに重武装で殴り込みに行く所ですかね。……まぁ、マトリックスの住人にしてみれば、単なる大量虐殺なのですが(汗



10 ロストワールド ジュラシック・パーク

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク [Blu-ray]ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク [Blu-ray]
(2012/06/20)
ジェフ・ゴールドブラム、ジュリアン・ムーア 他

商品詳細を見る

 個人的に好きなのは、二作目の方。
 でも、一作目は映画の転換期の一つですね。CGの方向性を遥かに広げた映画だと思います。
 最も、私がこの映画を観たのは小学生だったので、いまいちその凄さみたいなもんは分からなかったのですが。恐竜についてもそこまで詳しくなかったですし。むしろ、人が食われるシーンが結構きつかった記憶があります。

 恐竜も、一作目では有名所がティラノサウルスぐらいしか活躍しなかったのも残念。他の有名どころの活躍は、次作以降になるのですが。
 また、この作品がきっかけでヴェロキラプトルとコンピーの存在を知りました。小さいのに襲われるってのは、でかいやつに食われるのとは違った意味で恐ろしい。
 食われて死ぬっていうのは、人間の根源的恐怖ですよね。

 好きなシーンは、ラストにて都会で暴れまわるティラノサウルス。てっきり、島から脱出して終わりだと思っていたから、見事に予想を裏切られました。
 また当時、開始前の予告にて米版ゴジラの予告やっていたもんだから、まんまゴジラじゃんって思いましたね。むしろ、米版ゴジラよりもゴジラらしかった。

 是非とも、設定をリセットして新作を作ってもらいたいものです。今度は昔あったゲームのディノクライシスばりに重火器で戦ってほしい。
 ……等と言っていたら、本当に新作の方を現時点で製作中らしいですね。最も2013年時点ではキャスティングの段階というか、まだまだ時間掛かりそうですけども。



 ……う~む。見事にSFとアクションオンリー。
 ベスト10以外の作品ですと、ロード・オブ・ザ・リング。ただ、こちらは一回見るのに時間が掛かるので、あまりリピートしていないのですよね。
 後は、ロボコップの1。幼いころに観て、すげぇ印象に残っています。ただ、今観るとアレ、かなりグロが入っていて引く場面もあったり。同じ監督の、スターシップ・トゥルーパーズも好きです。同じくグロ成分多めですが。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード