FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF10HDリマスター プレイ日記(2)


 物語も中盤に差し掛かった頃なので、盛り上がって来た~~

 ……と行きたいところですが、昨日……既に発売されている小説版FF10-2.5の内容……というか、完全なるネタバレを知ってしまったので、一気にプレイする意欲が減ってしまったのでありました……。

 どういう内容かは詳しくは書きません。
 ただ、私は実際に読んだわけじゃないけども、内容知って凄いへこんだ……というか引いた。
 内容的には、10-2後のティーダ復活END後の世界という事で、あの展開を正史とは認めていない私としては、本を買うつもりもなく、評判はどんなもんだったのかな~~という程度の感覚で検索してみたんすよ。

 ちゃんと読んだわけじゃないから、文句言う資格も無いのですけど、本編の後にこういう展開になると思ってしまうと……色々ぶち壊しだなぁ……。

 やっぱり、FF10はFF10オンリーとして、自分の中できちんと完結させておこうと思いました。


 という事で、自分的には、いらん事でかなりモチベーションが下がってしまったのですが、プレイ日記の方も進めようかと思います。

 ミヘン街道~マカラーニャ寺院まで






 さて、アーロンが加わったところで、まずはミヘン街道。
 
 この作品からワールドマップが消え、各所地域を結ぶ街道なんてものが出てきました。
 今にして思えば、一本道なのが残念ですが、当時はワールドマップをリアルにするとこんな感じなのか~と納得してましたな。


・チョコボイーター討伐編

 リンさんの旅行会社に泊ったら、ついでにチョコボイーター退治を請け負う事に……。
 何気にチョコボイーターって初遭遇でしたが、実際に襲われているチョコボを見ると怒りが湧きます。……そういや13では、リアルに捕食されるチョコボのシーンとかあったっけな。……あれは見たくなかった。
 確か負けたら、崖の下とかに落とされたと思いますが、別にさほど苦労する事なくチョコボイーター撃破。
 たったらたらたらたったった~♪
 と、ジョゼ海岸までいつものテーマにのせてチョコボで移動する事に。


・ミヘンセッション

 この辺も初期プレイ時には、よく分かんなかったイベント。
 シンの脅威を改めて認識させたかったのかもしれませんが、これだったらブリッツの試合の後、ルカにシンが迫ってきたっていうシナリオでも良かった気がする。
 なんか、自分で呼び寄せておいての悲劇ですから、全部シンが悪いって言うのはなんか違う気がする。
 まあ、スピラに住んでないからそう思うのかもですが。

 また、ここで唯一シーモアを操作する機会が。

 ……正直言って何のために設けられた機会か分からん。
 ここまでで主要人物みたいな雰囲気だったから、今後味方になるかも~~って思わせたかったのですかね。


・ジョゼ寺院

 初参加の召喚獣、イクシオン登場です。
 せっかく9にて復活したラムウがリストラ……。悲しい事です。
 私としては、角とか格好いいので、ラムウには悪いけど好きな召喚獣ですね。エクスストーリーでもそれなりに優遇してます。


・幻光河

 リュックが正式に仲間になります。
 ……最も、他のメンバーとステータスの差がかなり広がっているため、積極的に戦闘に参加させてます。とりあえず盗んだら、他のメンバー交代。
 でも、何故にムービーシーンのリュックっていまいち可愛くないのだろう。10-2ではその辺直っているんですがね。


・グアドサラム

 この辺から、プレイする上でイライラ要素……。
 ユウナの結婚話と、シーモアの台頭が始まります。
 ユウナとシーモアの結婚話は、雑誌やなんかで散々見た情報なので、別に驚くことはありませんでしたよ。むしろ、それでシーモアはおそらく敵になるんだろうな~とか察せられた。
 ユウナの悩みと、シーモアの姑息な手法で、プレイしている側がかなりイライラ。
 改めてプレイしてみても、やっぱりこの辺好きじゃないですね。


・マカラーニャ寺院

 これまでユウナとシーモアの結婚話で散々盛り上がっていた割に、あっさりとシーモアが極悪人だと判明。……まあ、プレイヤー側は分かっていたけどね。……あと、言っちゃなんだけど、悪人面だし。
 また、ガチガチのエボン信者であるワッカの株がどんどん下がっていくことに……。序盤は良い感じのアニキだったので、これはプレイしていても悲しかったな……。


・シーモアについて

 しかし、歴代FFのライバルキャラ達って、嫌な奴も多いけど、なんだかんだ言って憎み切れない部分があるじゃないですか。でも、このシーモアに関しては、最初っから最後まで好きになれなかったですね。
 ……まあ、FF10のライバルと言われれば微妙ですけどね。ティーダとも因縁薄いし、ディシディアではジェクトにそのポジション取られているし。

 そういや今回改めてプレイしていて、こいつって物語中にもし出なくてもあまり影響無かったんじゃないかと気づきました。
 強いて言うなら、主人公たちがエボンに反目するきっかけとなる存在ですけど……居なくてはダメっていう感じでもないですよね。


 では、シーモアを倒したところで、とりあえず今回はここまで……。
 次は問題の結婚式あたりまでかな。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。