「ダンガンロンパ1」クリア感想 その1



 これ書いている時点では、ぶっちゃけ2もクリア済みだったりするのですが、とりあえず1に限ってクリアした上での感想を書きたいと思います。

 書いていたら、思っていたよりも長くなってしまったので、二分割して投稿しやす。


 完全ネタバレなので、ご注意ください。






 いやぁ、のめり込んだのめり込んだ。
 そして、久しぶりに「続きがめっちゃくちゃ気になるぜ! うおぉーっ!!」な感じを味わえたゲームでありました。
 大作感満点のゲームよりも、やっぱこうして口コミで広がっていったゲームってのは良いですね。

 ゲームとしては、事件の謎もさることながら、何故学校内がこのような状況になっているのか、外の世界はどうなっているのかというのも、気になる展開でワクワクしっぱなしでした。


・第二の事件

 第一の事件の被害者は、正直言ってさほどショックという訳では無かったのですよ(酷
 でも、今回の被害者はショックでしたなー。
 キャラが濃く、押しの強い女性キャラばかりの中、清涼剤のような役割だった不二咲千尋ちゃん。
 死んでほしくないなぁ~と思っていただけに、いきなりの被害者として画面に登場した時、は非常にショックでありました。

 でも、捜査の過程で「あれ?」と思う事があり、ひょっとして……と思っていたら、学級裁判にて衝撃の事実が明らかに。
 実は、男の子でしたー!!
 ……今の時代では男の娘か。

 まあ、捜査の過程でなんとなく想像できたし、この事実はさほどショックではないよ。
 ないけども……
 好感度イベントやらで、「くそ、可愛いなオイ」とか思っていただけになぁ(人はそれをショックと言います)

 むしろ、事件の真相の方は、十神君にかなり引っ掻き回されて、この時点では大嫌いなキャラクターになりました。
 と、同時に同じく引っ掻き回しキャラとして、腐川冬子=ジェノサイダー翔が登場する訳ですが、こいつもこの時点では大嫌いなキャラでしたなー。
 つーか、殺人鬼とか二重人格とか、これがちゃんとした推理物だったら頭抱えているレベルやで。



・第三の事件

 前回死亡した不二咲千尋……AI=アルターエゴとなって復活。
 全然物語に活かされてなかったプログラマーという設定はここで使われたか。

 しかしこのAI……すげぇ可愛いなオイ。こうなると、もはや性別とかどうでもよくなりますな。わたしゃこういう感情持った人工知能系に弱いんじゃ。
 まぁ、心強い味方が増えた半面、このAIに恋したり精神的に依存したりする奴が出てきたりと、不毛な争いの種も生まれる事に。
 気持ちは分からないでもないが、状況が状況だけに、アルターエゴを独占しようとする石丸と山田の二人にイライラが募ります。
 なので、この二人が今回の犠牲者となって、特に悲しいとも感じなかったり。……すいません。

 まぁ、事件のトリック自体はすぐに分かりました。明らかに不審者とやらを目撃している人が限られているし、この不審者たるジャスティスロボの着ぐるみが、作ったやつ丸分かりでしたね。
 というか、こんな雑な作りの着ぐるみ着たまま閉じ込められた葉隠が犯人とか、騙せるレベルじゃねぇぞこれ。

 まあ、キャラクターはともかく可愛い女の子枠がまた一人減ってしまう結果となったので、寂しくはなりました。



・第四の事件

 事件の結末そのものは、なんとなく予想できたものだったので、驚きはなかったですよ。
 ただ、被害者に関しては、身体的にも精神的にも頼り甲斐のある方だったので、いなくなってしまった事はかなり悲しかったですけども。

 この章から、主人公苗木君とヒロイン霧切さんの距離が近くなっていく感じでニヤニヤしてました。

 今まではクールで頼り甲斐のあるヒロインという感じでしたが、苗木君が大神さんの秘密を知ってしまい、それを話せないのを、自分の事を信頼していないと勘違いしてプンプン怒ってしまう所がなんかやたらと可愛かった。

 事件の結末は被害者の自殺……という事で、オシオキは回避……
 と思われましたが、その代わりに処刑場に立つのはアルターエゴ!!
 これは全然想定外だった。
 そして、全力で「止めてくれーっ!!」と思いました。
 これは、悲しいと同時に怒りがメラメラ燃えました。今までは殺人犯したんだから仕方ないと思っていた部分もありますが、今回のこれはとばっちりみたいなもんだもんな。

 以降、生き残り組は団結して、黒幕に立ち向かう形に……


 とりあえず、次回に続きます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード