スーパーダンガンロンパ2 感想3


 クリア感想でーす。

 しかし、これで本当にやりたいゲームが無くなった。
 アーカイブスで買ったFF7とかやるかいい加減……。安い時に買って以降、触ってないのよね。

 とりあえず、チャプター5~クリアしての感想っす。






・第五の事件

 狛枝との決着編。
 全ての真実を知った狛枝が、ついに牙を剥いてきた。

 サイコだけれども、やたらと頭が良い……まぁ、こういう狂気的な犯罪者って大概知能犯な事が多いもんね。なので、引っ掻き回し方が上手いなぁとつい思ってしまう。

 そして、事件発覚……。

 今回の事件の被害者は、狛枝本人。

 そんなような予感はしていたけど、こうはっきりと死体を見せられると「マジか……」と思ってしまいますな。でも、とりあえずもう会話する事は無くなったので、不謹慎だけどもそこはちょっとホッとしてしまった。予備学科って事で散々日向の事馬鹿にしていたので、プレイヤーとしてこちらもいちいちむかついたし。

 まぁ、犯人というか、今回の事件は狛枝の自殺なんだろうって事は、捜査の段階で理解できました。
 ソニアが色々怪しい行動とっていたけども、こちらはミスリードでしたね。

 だけれども、やはりあの狛枝がただの自殺をする訳もなく、そこには超ド級の……というか、ダンガンロンパならではのトリックがありましたね。

 自分の超高校級の幸運というスキルを利用して、特定の人物に自分を殺させるというトンデモ行為。
 これには思わず感心してしまった。

 こいつの幸運ってスキルは、苗木のものと違って、必ず自分にとってプラスになるものですから、こういう使い方が出来たのですね。
 それにしても、こいつは本当に命をなんとも思ってないのですね。
 自分が生き残りたいと思えば、幸運はそういう風に作用したと思うのですが、本当に希望の為ならば自分の命も道具のうちでした。

 でも、その結果……裏切り者……というか、未来機関の内通者が犯人となってしまう事に。

 その正体は、七海千秋。

 全然分からなかった。
 まぁ、こうして二週目をプレイすれば、台詞とかに色々伏線あったのね。
 コロシアイをなんとしてでも止めようとしていたり、あの狛枝であっても決して憎もうとはしなかったり。

 前作では、第五の事件は黒幕の策謀で、主人公かヒロインのどっちかが罠によってオシオキされてしまう展開になりましたが、今回もある意味同じような展開になっちまいましたね。

 また、苗木君とは違って、主人公補正というものが無いので、本当に殺されてしまう七海……。

 このオシオキシーンは、本当に泣きそうになった。
 前作の霧切さん同様に、主人公のパートナーとしてかなりツボなヒロインだったのに……。普通に死体で発見されるよりも、やっぱこういう処刑シーンある方がショックでかい。前作でアルターエゴが処刑された時よりもショックだこれ。

 あ、ちなみに、モノミがモノクマ相手に自爆するシーンは、台詞といい元ネタは確実に「さようならドラ○もん」の時のの○太とジャ○アンだこれ。良いシーンの筈なのに、元ネタが分かったら爆笑してしまった。だってドラの声の人が、ジャ○アンの台詞喋ってんだもん。

 まあ、爆笑した後で、ものすごいしんみりしてしまうのですが。


 ……あと、この事件でようやっと最初に殺された十神君の正体判明。
 なんと、超高校級の詐欺師……って事で、実は十神君の偽物でござんした。

 拍子抜けしたものの、妙に納得したというか、十神君本当に死んでいなくてホッとしたというのが本音です。




最後の事件

 遂に謎のカウントダウンが停止し、今まで入れなかった遺跡の中へと入り込む事が可能となりました。
 その際のパスワードは、11037……。
 なんか聞き覚えはあるものの、最初は分かんなかったぜ。

 そして、何故か存在している死んでいった筈の仲間達。
 時折ノイズが走る事から、あぁやっぱりこの世界はマトリックス的な仮想現実なのねと理解。
 それにしても、人間関係がある程度分かった状態で、この会話見ると、なんだか泣けるなぁ。


 遂に遺跡の中へ……。
 その中にあったのは、予想通り懐かしき希望ヶ峰学園。1からの使いまわしの筈なのに、なんかすげぇ嬉しいねこれ。

 そこで、全ての謎が次々と判明する事に……。
 怒涛の謎解きラッシュだけど、予想が的中するものもあったり、予想外のものもあったりと、やはりこの過程はワクワクするものがあります。

 何より驚いたのは、アルターエゴの登場と続いて登場した苗木君!!

 アルターエゴは、かつて殺されてしまった本人では無いでしょうが、キャラクターはそのままなのでまた会えて嬉しかったですなぁ。
 続いて苗木君……。う~む、モノクマの誰かを待っている発言で、彼なんじゃないかと予想していましたが、どうやら的中のようですね。

 また、本人登場って事で、これでようやく狛枝とは何の関係も無い事が分かりました。……まぁ、かなり拍子抜けしましたが、あれが苗木君だったら物凄い嫌なので、これでいいんです。
 
 学級裁判……というか卒業試験みたいなものが始まり、日向達は卒業のシステムについて教わるわけですが、まぁ普通に考えてモノクマがまともな手段で返してくれる筈もなく、罠が盛りだくさん。

 まず、遂に本当の苗木君が登場―――!!
 ……と思いきや、これはモノクマが作った偽物でした。まぁ、台詞が徐々におかしくなっていくから、途中で気づいたけどさ。でも、最初は心が踊ったよ。

 ここでようやく、あの11037の数字は、舞園さんがダイイングメッセージとして残した数字だと気が付きます。おせぇな……。

 それでも、ここで衝撃の事実。
 実は、日向達こそが、世界を滅ぼした元凶の一員……絶望の残党だったのだ。
 3章においての罪木の豹変もこれで納得。
 残りのメンバーも、もし記憶を取り戻したらああなるって事なんですね。他のメンバーが絶望化する画が、あまり想像できないですが。

 そして、唯一の予備学科という事で、何の才能もないと思われていた主人公の日向君。
 彼は、学園によって才能を人工的に移植された、ある意味改造人間でありました。
 ……この辺は、ダンガンロンパ/ゼロを読んだら、詳しい事情分かりますね。それでも、日向君がどういった事情で、手術を受け入れたのか気になるところですね。
 まぁでも、当時の予備学科の人たちの待遇を考えれば、受け入れる気持ちも分かるかな。特に、日向君のそういった憧れの気持ちは強かったのでしょうしね。

 まぁ、今回は日向君がかなり謎の存在でありましたので、かなりでかい秘密があるんだろうな的な事は察していました。


・黒幕の正体

 遂に明かされる訳ですが……まぁ、当然ながら正体は江ノ島さんでした。
 というか、モノクマが居る時点で正体は彼女以外あり得ないよね。
 なんで生きているかって言ったら、自身もアルターエゴ化して生き延びていたらしいです。

 そうだろうなとは思っていたので、驚きは一切なかったですね。


 次に、江ノ島を完全に倒すためにやって来たのは、

 なんと霧切さんと十神君!!

 苗木君の登場は予想できたけど、この二人は完全に予想外! 出てきた瞬間歓喜でしたね。
 残り三人は登場しなかったけど、あちらの三人はギャグ担当みたいな感じでもありますからね。まぁ普通に考えれば、苗木、霧切、十神の三人が妥当ですね。しかし、十神君はすっかりツンデレ成分が増してますな。


 苗木達によって自分たちが現在どのような状態かが明かされ、日向達は絶望しかける訳ですが、こりゃあ仕方ないよなとも思う。
 いくら、悪事を行った責任があるとは言え、今の彼らは精神的にタイムスリップしているようなもんですからね。未来にとんでもない犯罪を起こすから、罰を受けろと言われているようなもんでしょうに。

 絶望に堕ちた日向だったが、死んだはずの七海の説得により、何故か超サ○ヤ人のように覚醒して復活!
 ……まぁ、仮想世界だし……いいよね。別に。

 かつての苗木のように、絶望を希望に変えて、江ノ島を倒します。
 まさに、どこぞの魔法使いのように最後の希望となりました。


・卒業

 日向達の現在の姿については、結局はっきり明かされなかったですし、その後についてもぼかされた感じで終わりましたね。

 そちらも気になりますが、まぁ現在の苗木達の姿が見れただけいっか。
 しかし、苗木のスーツ姿は似合わないですな。霧切さんと十神君は、1の時点でそれっぽい服装だったから、違和感は無いのですがね。

 それにしても、苗木君と霧切さんの仲は進展しているのかいないのか。……そこらへんは想像にお任せします的な感じなのですかね。二人とも、未来機関では重要な立場になっているっぽいしね。まぁ、まだ若いし。

 ともあれ、これにてダンガンロンパ2もクリア!
 1に比べれば、一応死んだ筈のクラスメイト達も生きてはいるので、まだまだ希望は残っている感じですね。まぁ、狛枝が生きていて七海が死んだままという腑に落ちない部分もありますが(笑)
 もし奇跡的に全員意識を取り戻したら、彼の扱いってどうなんだろ……。

 このダンガンロンパ1・2 Reloadをプレイしてからというもの、ほぼ3か月浸りっぱなしでしたなぁ。1も2も二週クリアしたので、また何か続編関係の動きがあるまではしばし封印でしょうか。

 苗木妹がスピンオフの絶対絶望少女なるゲームが近いうちに出るようなので、それを楽しみにしたいと思います。
 ……あと、2のアニメ化とダンガンロンパ3も期待したいと思います。……あるよね?

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード