FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「GODZILLA(2014)」観てきた



 自分は、小学校低学年の頃に「ゴジラVSビオランテ」を観て以降のゴジラファンであります。
 ……まぁ、その当時の自分にはビオランテでの小難しい話は理解出来ていなかったですし、素直にSF+怪獣バトル満載の続編「ゴジラVSキングギドラ」の方が大好きでありました。
 最も、大人になってからビオランテ観ると、その小難しい要素がかなり面白かったりするのですがね。子供の頃は怖かった感のあるビオランテのデザインも好きです。
 逆に、割と大人になってから出来たミレミアムシリーズは、個人的にイマイチ……。まぁ思い出補正が無い分もあるんでしょうが、あまり心に残らないですね。あ、ファイナルウォーズは何気に好きです。

 で、この新作の米版ゴジラ。
 米版と言えば、かつて1998年にローランド・エメリッヒ監督作のアレがありましたね。
 まぁ、アレはアレで面白い部分がありましたけど、やはり仮にもゴジラという名前が付いていて、その出来がアレっていうのは、10年以上経って改めて見てみても残念な感じですね。やはり、アレは“ゴジラ”じゃなくて“ジラ”なのだ。

 今作はと言えば、デザインそのものはやや首が太く短いものの、一見してゴジラと分かる代物ですよね。
 予告自体も、なかなかにゴジラの巨大さ、恐ろしさが伝わってくるような感じでした。私は、好きなものほどネタバレが嫌いだったりするので、それ以上の情報は仕入れず、久々にワクワクしながら映画館に向かいました。

 以下、観た上での感想です。ネタバレありますので、ご注意ください。






 正直に言います。

 満足は満足でした。

 ただ、満足度で言えば、100点満点中70点ぐらい……。

 いえ、面白かったんですよ!

 でも、決して心からの拍手喝采は送れなかったかな……という感じです。



 まぁ、情報あまり仕入れて無かったってのもあるんですが、まずびっくりしたのがゴジラの他に怪獣が出て来たこと。
 最も、こちらは何かの番組で渡辺謙さんがハワイにてゴジラと別の怪獣が戦うって話をしていたような気がしたので、心構えは出来ていたのですが、物語的にゴジラよりも新怪獣のムートーなる存在の方がでかかったってのが残念でした。
 日本の原発跡地にて、封印されているってのがてっきりゴジラなのかと思えば、出て来たのはどことなく「クローバー・フィールド」に出てきた怪獣を思わせるクモっぽい奴。あ、これが新怪獣なのかと納得したものの、ゴジラ登場を期待していた事もあって、肩すかしだったり。
 また、物語の役割的にも、てっきりゴジラの強さアピールのかませ的な役割かと思えば、ストーリー的にこっちがメイン扱いなんだもの。
 っていうか、全体的にゴジラの出番少ないっす。
 ……さらに言えば、せっかく怪獣が複数体出ているのに、怪獣バトルが短すぎる。

 何より、観ていて唖然としたのが、ハワイにてムートー(オス)が大暴れし、遂にゴジラが陸地へと姿を現す。
 ムートーと対峙、初めてゴジラの全体像が明らかになり、咆哮!
「おおおおっ!」
 遂にバトルか!!

 ……後は主人公宅にてTV中継の画がチラっと映るだけ。
 そして、翌日。

 ―――ふざけんな(笑)

 散々期待させといて、肝心な所省略ってどないやねん。

 まぁ、怪獣バトルについては、クライマックスにてしっかりと魅せてくれたので、まぁまぁ満足ですよ。

 もうちょい、去年のパシフィック・リム的なものを期待していたってのもあったので、かなりの肩すかしでしたけども。……まぁ、あちらも主役機以外のバトルがあっさり過ぎたから、結果的に似たようなもんか。


 続いて不満点其の二。

 人間側のストーリーが弱すぎる。

 原発事故で妻を失った元研究員の男が、その事故の原因となる真実を追い求めるという導入はいいのです。原発事故とか、ハワイでの津波とか、日本人からしてみればムムッと思ってしまう部分がありますが、ゴジラ扱うんなら仕方ないよね。
 このままこの親父が主人公なら話は良かったと思うのですが、主人公はその息子。
 この息子、いまいち主人公って感じがしなく、そんな能動的って訳でもない。

 目的は、ひたすらに家族の元に帰る事。

 仮にも軍人なのに、怪獣の相手は軍に任せて、帰ったらすぐに街から離れようとか言う始末。

 おい、お前の親父って結果的にとは言えムートーに殺されたんじゃなかったのかよ。復讐心抱いて、もっとムートー攻撃に対して積極的に動けば、それなりに感情移入出来たのかもしれないですが、いまいち頑張れ!という気にならない。攻撃に参加するのも、その方が早く家に着けるからだもんな。
 う~ん。人間、世界の存亡とかよりも、目先の家族の安全の方が当然ながら大事とは言え、この物語の主人公としてどうかな……と思ってしまいますね。
 まぁ、フォローしておくと、ムートーの卵を発見した際に全て破壊したり、核爆弾を街の中で爆破させないために、死を覚悟で行動したりしていますけどね。

 やっぱり家族愛要素捨てて、ムートーに対して復讐心バリバリ、その過程で芹沢博士と協力したり、ゴジラと共同戦線する展開の方が良かったかなとも思う。
 ……まぁ、VSシリーズみたいなトンデモ科学兵器とか出せないしね。
 遠くからミサイルバーンで決着させない為に、ムートーがEMP攻撃する設定にしたんでしょうし。


 不満点其の三。

 核の扱いについて。

 まぁこちらも各感想で言われている通り、アメリカ映画らしく、核の扱いが雑。
 しかも、過去の水爆実験がゴジラを殺すために行われたとか、色々とゴジラのテーマが揺らぐ……。
 
 今回はゴジラ、ムートーに共に古代生物が現代に蘇った―――的な扱いで描かれているので、核実験が生み出した負のイメージが無くなってしまっているってのが悲しい。
 また核爆弾の扱い方も、どうにもただの爆弾な扱いに見える。パシフィック・リムの時も思ったけど、核を単なるエネルギーとしか見てないような感じがするのですよね。……まぁガンダムとかでも、ただのエネルギーだけども。


 まぁ、肝心のストーリーがゴジラに結びついていないって事以外は、十分楽しめました。
 ハリウッドの最新CGで描かれるゴジラを見れただけでも、めっけもんですね。

 作中最も興奮したシーンは、やはりクライマックスのバトルにおいて、背びれが光って遂に熱線を放つシーン。思わず「おおっ!」と声が漏れましたよ。登場して以降、バトルは取っ組み合いばっかりで、ちっとも熱線吐かないから、こっちのゴジラもそういうのは無いのかな……と思っていたところにこれだったので、そりゃもう興奮した興奮した。どうも、結構力を消費するのか、ここぞという時しか吐かないっぽいですね。日本版じゃバンバン吐いてましたけど。

 ただ、やっぱりゴジラの扱いがちょいと残念。
 見ている最中に思いましたが、役割がゴジラっつうよりもガメラなんだもの。
 人間が目覚めさせてしまった生態系を破壊しかねない怪物―――ギャオス=ムートー
 自然界の調停者として、ムートーを退治する為に地上へとやってくる存在―――ガメラ=ゴジラ

 う~む。ゴジラというよりは、平成ガメラ一作目をゴジラで作り直した感がでかいですね。ストーリーはあっちの方がしっかりしていたけどもww


 まぁ、こんな感じで不満はあるものの、ゴジラ活躍シーンに限って言えば、拍手を送りたいものです。
 何やら次回作では、モスラ、ラドン、キングギドラの登場が示唆されているいう話ですが、本当だったら一気に出過ぎじゃね?と思ってしまいますな。
 ……いや、本当なら観たいけどね。

 あと、欲を言えばまた日本でも作って欲しいもんですね~~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

有り難うございます。

「鬼藤千春の小説」のブログへ訪問いただきまして、有り難うございます。今後ともよろしくお願い致します。
プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。