FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 4



 水の試練のダンジョンがすげぇウザかった!


 以下、ネタバレ。





・変な騎士さん登場

 RPGで帝国って言うと、なんか悪のイメージが強かったんですが、思っていたよりもまともな国だ。
 で、昔なら使用キャラになってもおかしくない感じの騎士さん……セルゲイに会いました。OPに出ている人ですね。
 なんかキャラ的に愚直で不器用な騎士って事で、アリーシャと色々被っているな。だから、仲間にならんのかな?

 この騎士さんに協力して、国内で色々と不穏な動きをしている枢機卿さんを調べる事に……。
 うん、この辺も書いている時点では結構前なので、記憶曖昧。
 覚えている範囲で書きます。



・火の試練神殿へ

 枢機卿さんに会ったら、かなり強力な憑魔でした。
 このままじゃ勝てないので、パワーアップ手段を求めて火の試練神殿イグレインへGO。

 ここで火って事は、残りの水、土、風もやらんといかんのか……と、げんなりつつつダンジョン進めます。
 意外に広いし、階段を上がったり下がったりでめんどかった。
 ……まぁ、次の神殿に比べればマシでしたがね。ケッ。

 攻略したら、ライラ神衣状態で秘奥義が使えるようになりました―――。
 以上特に感想無し。



・フォートン枢機卿戦

 皇都へと帰還すると、騎士団と枢機卿の激突が本格的に始まっちまいます。
 まぁ、枢機卿は憑魔ですんで、普通の人間にゃあ敵わない。という事で、スレイ一行がまずは立ち向かう事に……。
 相変わらず、普通の人間には憑魔は見えない……敵わないってのはめんどくさい設定だ。

 結局、今までのように浄化しきれない存在という事で、息の根を止める事に……。
 やったのは、ロゼでしたけども。
 ……このロゼの立ち位置がなんか不明瞭ですね。これじゃまるで、冒険での汚れ仕事担当みたいで、キャラ的にも可哀想。



・アリーシャ再会

 残りの試練を探す為、色んな場所へと行ってみるのですが、その前にちょっとハイランド王国へと帰還~。まず、マーリンドに行って、アリーシャに会えるかな~とか思っていたら、会えなかった。
 でも、町人の会話で橋が直った的な噂話が聞こえて来たので、ちょっと行ってみる事に。

 そしたら、居たよー!!
 なんか、すげぇ嬉しかった。どうやら、自分でも思っていた以上にこの娘のキャラが好きらしい。
 どうも、不憫な扱いのメインヒロインとか応援したくなるのかな……? 今はもう展開に腹立って以降読んでないけど、某ラノベのシスターさんとかもそうだった。

 話聞くと、相変わらず不憫な扱い。色々と報われないけども頑張っている様子。
 パーティに復帰かと思っていたけども、結局なし。お互いの近況報告だけかよ!! チクショー!!



・水の試練神殿へ

 レイクシティの近くにありました。なるほど、デゼルを仲間にしてなければ行けなかった場所なのですな。
 で、ここの試練……というか神殿内の移動がめっちゃめんどくさかった。

 ミクリオの姿隠す力じゃないと通れないトラップがあるのですが、それがやたらと配置されているので、通り方の法則を発見するまで、一体何度最初の場所まで戻された事か……。しかも、初めての部屋で入った途端早々に飛ばされた時は、コントローラーぶん投げそうになった。



・土、風の試練神殿

 水に比べれば、他のなんと楽な事か。
 風はちょっとめんどかったですが、土は「え、もう終わり?」という感じで手早く終わった。

 土の神殿では、女好きの天族に猫被って媚びるエドナがすげぇ可愛かったんですが。でも、この人って実年齢―――

 風の神殿では、すっかり存在を忘れていた半裸の人……ザビーダさんに再会しました。
 どうも、この人も風の天族らしいですね。同じ属性が二人っていうのは、システム的に意味が薄そうなのでやっぱり仲間にならんのかな~。

 無事に全部の試練をクリアし、いよいよヘルダレフに再戦~
 ってところで、その前にデゼル&ロゼのイベントみたい。


 とりあえず、いったん中断。
 実はこれ書いている時点でもっと先には進んでいますが、一気に書いてしまうのもつまらないので。

 では、また次回~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。