映画「ジュラシック・ワールド」観てきた


 恐らく、映画界に変革をもたらした作品の一つである「ジュラシック・パーク」
 これによって映画におけるCGが飛躍的に進歩し、いろんな映画で多様化されるようになりましたよね。

 そして、その正統続編であるこちらが遂に公開されました。
 最も、わたしゃてっきりリメイク作品だとばっかり思っていたので、正統続編である事に結構びっくりしました。続編ならば、前作での登場人物とか出して欲しかったですね。

 以下、ネタバレ感想。





 結論としましては、大変面白かったです。

 最も、初代程の興奮と感動は得られませんでした。
 まあ、そりゃあこんだけCGが当たり前となっている時代ですから、今更恐竜たちがスクリーンの中で暴れたところで、目新しいものは少ないですよね。

 これは、本編でも皮肉のように言及されていましたが、観客やスポンサーは、常に新しいものを求める。……改めて思いますが、世のクリエイターさんたちも大変なんですよね。

 という事で、この作品における新要素という事で、人工的に品種改良したハイブリッドなる新種の恐竜が誕生してしまいます。
 とにかく頭が良く、食べる為ではなく殺す為に暴れまわるという、最早恐竜ではなくてモンスターです。
 ……悲しいかな、この恐竜ではなくなってしまったというのが観ている間のガッカリポイントでありました。多少設定を盛ってもいいから、純粋な恐竜が見たかった。ティラノよりでかいのなら、ギガノトサウルスとかも居るじゃないのさ……。
 確かに、最新の考証による羽毛が生えたリアルな恐竜なんて見たくないですけど、ただのモンスターになってしまったら、恐竜映画では無くなってしまいます。
 さすがに火を噴いたり飛んだりはしないですが、ティラノの図体にラプトル級の知能。更にカメレオンの如く擬態までするって実際に居たら恐ろしい存在ではありますね。


 本筋は、ジュラシックパークと大体一緒で、事故が起こって本来安全な筈のパークが地獄絵図となるという形。
 パーク自体は、実に夢が溢れる形で是非とも行ってみたいと思わせる感じでしたな。特に、モササウルスが飛び出して水がばっしゃーんとなる所はテーマパークあるあるでしたねww

 よく分かんなかったのは、新種を造り出した科学者は、意図してやった事だったのか? インジェン社の行動も予定調和みたいな動きだったけど、全部偶然という認識でいいのかな? 起こった事故にこれ幸いと乗り出したけど、結果大失敗……という感じ?

 人間の方は、主役の男女以外はもうちょい活かしようがあったと思う。
 特に、子供二人が特に役に立ってないというのが悲しい。ただ、襲われて逃げるだけ……それもそんなに長くないし。恐竜オタクの子は、知識を生かした行動があっても良かったと思う。あと、両親の離婚問題もそんなに重要には思えなかったし。……一応、ただ能天気なだけじゃなくて心に問題を抱えているっていう表現をしたかったのかもしれませんが。
 インジェン社の代表格みたいなデブのおっさんは、実に腹立つ感じで、多分食われるんだろうなと思っていたからそこはスッキリしました。言っている事はそれなりに理解は出来るんだけどね。
 ただ、社長は死んでしまったのが残念でならん。経営者としての顔は持ちつつも、かつてのパークでの事故を認識して、危機には自ら立ち向かおうとするなど、勇敢な人だったのに……。
 ……確実に言える事は、もっとセキュリティは厳しくしとけ。そして責任者は、恐竜の能力をもっと把握しとくべきだと思う。

 個人的には、かつてのジュラシックパークであった恐竜世界からの脱出劇というのがもっと見たかった。その下りはすぐに終わっちゃったし。

 特定の恐竜以外はあっさりと画面が流れるだけだから、もうちょい恐竜たちが自然に暮らしている光景が見たかった。
 そういえば、何気に水棲恐竜は今回が初めての登場だったのかな? モササウルス以外の水棲恐竜達も見たかったな……。まぁ、島だから海に逃げられると危険だという判断で、居るのはコイツだけなのかもですけど。でもせめてプレシオサウルスとか見たかった。
 ただ、このモササウルスはかつてPSゲームの「ディノクライシス2」において、かなり印象深い恐竜だったから、こういう形で見れたというのは素直に嬉しい。まあ、ゲームのはちょっとでかいワニぐらいのサイズでしたけどね。


 文句ばっかりですけど、良い所もありますよ。
 特に終盤の展開は燃えた。
 今までになかった恐竜との共同戦線はなかなか燃えた。
 あの今までのシリーズでは強敵というか、このシリーズのおかげで知名度が上がったラプトルがまさかの人間の味方に! バイクと並走して走る姿はなんか感動でしたな。
 ……まぁ、予想通り敵に寝返るんですが。というか、恐竜達の本能で言ったら強いものに従うのは当然なんじゃなかろうか。


 そして、ラストバトルにおいて色んな不満はどうでもよくなりました。

 今までのシリーズにおいて、恐竜の象徴として描かれていたティラノサウルスが満を持しての登場。
 これまで、チラッと出てくることはあってもガッツリ登場する事は無かったので、ちょっと残念に思っていたのですよ。3にて、ティラノよりも強いスピノサウルスが出てきて、主役の座をもぎ取ってしまったのですが、今回のハイブリッドでまたそれをやるのかとげんなりしていたのですよね。

 それが、まるで真打登場のような役回りで出て来た。
 テンション上がる上がる!!
 そして、ハイブリッドとのバトルですよ。最も、さすがにタイマンでは勝てないという悲しい顛末。
 結局勝てないのか……と思いきや、主役と絆をある程度築いていたラプトルが、バトルに参戦。ティラノ&ラプトルというかつてのジュラシックパークにおいての主役恐竜のタッグバトル!!
 テンションMAX!!
 よもや、ここまで男心を燃えさせる展開を見せてくれるとは!!
 ……まぁ欲を言えば、トリケラトプスとかプテラノドンとか人気あるの全部出して、パーク内の恐竜総出でハイブリッドを袋にする展開も見たかったかなとww
 そして、結果的にはプール付近まで追い込んだところで、モササウルスが棚から牡丹餅的に文字通り食ってしまうんですけど。見ていて、倒すのお前かよ!と突っ込みました。

 そしてラストでは、自由になったティラノの咆哮で締め。
 うん、やっぱり恐竜映画での主役はティラノで無いとあかんなと実感。昔も今も、ずっと最強恐竜であってほしい。

 ストーリー的に続編は難しい……というか、ここまできたら更に進化した恐竜出すしか手は無いような気もする。かと言って、やりすぎるとこんなん恐竜映画じゃねぇってなるし、難しい所ですね。

 色々あれど、今の時代の技術を使って新たなジュラシック・パークが観れたことは素直に嬉しい。
 次回作があるとしたら、今度は水棲恐竜をもっと見てみたいですな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード