FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シュタインズ・ゲート ゼロ」プレイ中



 絶賛プレイ中。

 予告通り、土日でとりあえずのクリアはしました。



 以下、ネタバレ。







 ―――バッドエンドだったけどな!!



・私秘鏡裏のスティグマ

 本編にてアマデウス紅莉栖からの着信を取り続けたら、まず初っ端に突入しました。
 途中より、小説版の展開からちょっとずつズレてきて、真帆が教授の真相を偶然知ってしまい、洗脳されてしまう……という最悪の展開。
 更には、まゆり、鈴羽、かがり、真帆死亡という絶望展開からの戦争勃発。それでいて、まだオカリンは立ち上がれない……という文句なしのバッドエンド。

 エクストラ画面を確認してみた所、まだまだクリアリストに空きがあったので、思っていたよりもボリュームがあるという事が発覚しました。

 とりあえず、小説版の展開が正式ルートなんじゃないかと予想したので、一番小説版との明確な違いが起こったダルのアジトにおいてのやり取りと、紅莉栖のノートPCの結末を小説版再現するべく、やり直す事に……。



・無限遠点のアルタイル

 このタイトルが出た時点で、こりゃ小説版ルートだな! と思いやした。
 ダルのアジトにおいて、アマデウス紅莉栖からの着信をスルーすればいいっぽいね。

 ストーリーは、ほほ小説版と一緒。細かな違いはあるけれど、遂に鳳凰院凶真が復活し、まゆりが本編開始時にタイムスリップしてオカリンをビンタしに行く……という結末。

 小説版読んだ時も思いましたが、ダルが初めてオカリンに対してキレたシーンが好きだな……。
 オカリンの心情も理解できるけど、ひたすら逃げ続けるオカリンにプレイヤー側の気持ちを代弁してくれたようで、スカッとしたのですよね。
 ダルの独特の喋り方のまま、あの空気を演じて見せたのは関智さんさすがだなと思いやした、
 しっかし、本当にダルは良い奴だな。

 これで小説版のルートはクリアしたものの、まだまだクリアリストは残っている。しかも雰囲気的にこれがトゥルーエンドという感じでもないっぽい。
 CGの方も50%も残っているみたいなので、残りはどういう展開になるんだろうと期待しながら、また最初から再開です。

 やっぱり、キーになるのはアマデウス紅莉栖からの着信っぽいので、そのシーンになる度に色んな行動をしてみる事に。
 すると、序盤の柳林神社にて、紅莉栖からの着信に出ずに、スマホの電源を落とすという選択肢が!



・盟誓のリナシメント

 こんな序盤から別ルートに突入!?

 しかもなんと、別世界線に突入!? 数値からして、これってα世界線なんじゃね!?

 そしたら紅莉栖出てきたーーーー!!

 このルートは、小説版とは全然違う展開になったので、もう興奮しっぱなしでしたな。

 大人になった椎名かがりは出てくるし、小説版ルートでは全く活躍しなかったルカ子とミスター・ブラウンこと天王寺がかなり活躍するし。
 でも、このかがりの正体って最後まで明かされなかったですね。
 大きな設定は変えないと思うから、本当のかがりの正体はあの子のままの筈なんですが、じゃあこの子って何者? 最後までその辺が腑に落ちないまま、結末を迎えてしまった。
 これは、他ルートで回答があるのか? なんとなくは予想していますが、とにかく他ルートやってみないとですね。

 また、天王寺に交渉するシーンは怖かったよぉ。
 ラウンダーとしてのこの人と関わるとこんなにもおっかないのか。
 まあ味方になるとかなり頼もしいのは事実なんですけどね。

 かがりを助ける事に成功し、シュタインズゲートに到達するための布石を得る事に成功。
 Dラインを送ったという事は、また最初からやり直さないと……という事ですな。

 何処で出てくるのか楽しみながらプレイ再開とします。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。