FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」観て来た



 制作が発表されてからというもの、公開がすんごい楽しみでありました。
 両者とも、幼少期から知っているもんね。……まぁ、スーパーマンは映画しか知らんので、ちょっと微妙なんですが。
 これって日本で言えば「仮面ライダーVSウルトラマン」みたいなもんかな……と。まぁ、日本人なら誰でも知っているヒーローであるという事と、地球の科学VS正義の宇宙人という構図しか共通点無いですけども。
 まぁ、ぶっちゃけ、仮面ライダーとウルトラマンが戦っても勝負にはならないですよね。……最近の仮面ライダーは巨大な敵ともよく戦っているので、分かんないですけど。
 実際、ハイテク装備で固めたとしても、中身はノーマル地球人であるバットマンと理不尽の塊であるスーパーマンが戦ったとして、勝負になるんかいなと思っていました。


 その結果は、続きにて……








 ……結果、やっぱり勝負にならなかったので、正攻法じゃなくてズルい手使いました。
 まぁ、しゃあないけどね。
 スーパーマンが圧倒的過ぎるんだし。


 映画自体の感想を言えば、確かに面白いし、映像も凄い。
 ―――だけど、なんか色々と惜しい。見たかったのってちょっと違うんだよな……という感じでした。



 世界観はスーパーマン自体は前作「マン・オブ・スティール」のガッツリ続編です。でも、バットマンがこの映画オリジナル下地ですんで、バットマンの背景に関してほとんど説明が無い。せめて数年前のノーラン3部作版のバットマンなら分かりやすかったと思いますが、それをやったらやったで前作の世界観ぶち壊しになりますからね。
 自分は映画も全部見て、ゲームも4作全部クリア済み。そこそこバットマンの設定知っているので説明なしでも行けましたが、あまり知らん人がこれ見たらちんぷんかんぷんでしょうな。
 設定知っている私ですから「んん?」と思うシーンありましたし。

 これ……せめてこの世界観のバットマンの新作はやっとくべきだったなぁ。
 つーか見たい。



・バットマンバックボーン

 この作品のバットマンは、どうやらゴッサムにおいてのバットマンとしての活動を終えて休業している身らしいとの事。
 活動中、ジョーカーが暴れたり、ロビンが殺されたりとかして色々あったらしい。
 そのせいで軽く闇落ちしているのね。
 ……その辺の事情、全く説明無いんですが。上の文も、ネットから拾った情報です。それって映画としてどうかと思う。

 今回のバットマンっていまいち正義っていう感じがしないし、ストーリー的にも悪役押し付けられている感じがしました。
 アルフレッドもなんか執事って印象薄いしな。メカニックの相棒という感じです。



・スーパーマンの正義

 前作の不満点。
 地球の危機だったし、周りとか考えている余裕なんて無かったから仕方なかったけども、あまりにも街を破壊し過ぎ。
 地球全体とか、大局的に物事を見れば、スーパーマンは救世主なんだけど、ただ巻き込まれただけの一般人からすれば、好意的には見れないよな。そもそも、前作の騒動自体がスーパーマンサイドの問題みたいなもんだし。

 いくら恨まれようと疎まれようと、それでも人助けは続ける。
 でも、スーパーマンは人間としての感性を持った超人。恋人が危機に陥ればすぐさま助けに向かうし、人質を取られれば従うほかない。
 この辺もうちょっと生かせれば良かったなぁと思う。

 あと、リターンズでやったみたいな大規模な人命救助シーンが欲しかった。……まぁ、あんまり人助け描写くどくすると、世論が擁護派に傾くから出来なかったんでしょうけど。
 リターンズでやった墜落する飛行機受け止めるシーンは好きだったんだけどなぁ。



・悪役レックス・ルーサー

 今回の真の敵役。
 原作では、スーパーマンで最も有名な敵という役回り。バットマンに対するジョーカーという立ち位置ですね。
 自分も、旧版の映画やリターンズで記憶に残っていますが、随分と印象が違いますね。

 かつては、やる事のスケールはでかいけど、小狡い悪党というイメージでした。で、今回はと言えば何と言うか、今風な感じというか、サイコちっくなキャラになっています。
 自分で、戦う事はしない悪に染まったバットマン……プラスジョーカーの狂気を混ぜたキャラクターという感じでしたね。
 結果として、何やりたかったのかがよく分からなかった。

 演者さんはさすが……というか、凄い存在感でした。むしろ、この人にジョーカー役やってほしいですな。



・バットマンVSスーパーマン

 戦う理由づけ難しかったんだと思う。
 脚本……色々苦労したと思うけど、やっぱり苦しい。ちょっと話し合えば済む話だと思うし、実際初遭遇の時に話し合うチャンスはあったでしょうに。

 バットマンの逆恨み……みたいな感じに描いているけど、もうちょっとスーパーマンを悪者っぽく描いても良かったと思うのは、私がバットマンの方が好きだからでしょうか。
 なんか、あらすじでは悪に落ちたスーパーマンに対抗して、バットマンが立ち上がる……みたいな感じのをどっかで読んだ気がしたので、てっきりそういう内容なのかと思っとりました。結果、その方が良かったかもなぁ。

 スーパーマンは災厄の種であるとレックスによって貶められ、更に母親を人質に取られてしまった事でバットマンと戦う事に。
 バットマンも、自社の社員を戦闘の巻き添えで失った事で、スーパーマンを危険な存在として認識。

 こうしてみると、スーパーマンは確かに正義の存在なんでしょうが、人質っていう存在が通用する時点で完全な正義の味方にはなれないのですよね。
 圧倒的な力を持つが故に、敵に回ったら対抗する手段が無いですし。
 色んなことが出来るけども、決して万能ではないので、こういった搦め手でくると弱いんですよね。
 そういうのはバットマンが強いんですね。足りない部分は情報とテクノロジーでカバー。

 今回のバトルも、スーパーマンの肉体面の弱点とも言えるクリプトナイトによって、スーパーマンを地球人並のパワーへと弱体化。と言っても一時的なもんだから、殴っているうちに身体が硬くなって効かなくなるというのは面白かった。この場合、拳にでもクリプトナイト仕込んでおけば良かったんじゃね? と思いましたな。

 結局、ガチバトルの結果はバットマンの勝利……という事なのかな? でも、スーパーマンが殺す気でやっていたら最初の攻撃で瞬殺だったと思いますけども。

 で、結局はレックスに嵌められていたと気付き、とりあえずは和解。
 それにしても、バットマンの母親とスーパーマンの母親の名前が一緒というのは面白い偶然。今まで、バットマンに関してはどちらかと言えば父親がメインだった事もあり、母親がクローズアップされる事はありませんでしたね。



・3ヒーローVSドゥームズ・デイ

 予告で登場する事は知っていたワンダーウーマン姐さんの参戦。
 正直、よく知らん。
 背景とかさっぱり分からんから、誰この人? という疑念が付きまとう。……ストーリー上必ずしも必要だったか? と問われると微妙ですし。素面での最初の登場なんて、てっきりキャットウーマンだと思っていたよ。
 ただ、登場シーンは偉く格好良かったし、スーパーマンとバットマンの「君の連れか?」「いや、お前のだろ」というやり取りがすげぇ面白かった。

 あと、今後登場が予想される、フラッシュ、サイボーグ、アクアマン……だっけか。
 ごめん。フラッシュ以外知らねえんだ。フラッシュは、昔の映画版で見た記憶があるし、最近海外ドラマ版もやっているしね。……ただ、ややこしい事にドラマ版とキャラ設定一緒じゃねぇんだよな。序盤にブルースの夢に出て来たのはフラッシュか。ドラマ版でもタイムスリップみたいな事やってのけたから、未来からやってきて忠告したという事なんでしょうか。
 全然知らんですけど、いずれこのメンバーが揃うんだと思うとワクワクはしますね。

 んで、前作ラスボスであるゾッドの肉体とレックスの遺伝子を合成して造り出されたドゥームズ・デイが誕生。
 このバトルに関しては、バットマンそんなに役に立ってなかったね。一応ラストにクリプトナイト弾撃ち込んで、弱体化成功したけども、あまりにも戦闘力の差が違う。バットウィングがあっという間にズタボロにされるのは見ていて悲しかった。バットモービルもそうだけど、どうしても修理代すんげぇんだろうなとか思ってしまう。

 また、前作での反省を生かしてか、ラストバトルは無人地帯でしたね。
 それでも、ボカスカぶっ壊してましたけども。
 1人の強敵にヒーローが協力して戦うという、日本の特撮ヒーローではよくあるパターンがやっと見れたというのも良かった。アベンジャーズの場合ってラストバトルは軍団戦ばっかりだからね。

 そして、バトルの結末として、スーパーマンはドゥームズ・デイと相打ちになって、一時退場という事になりました。
 まあ、この人居たら大抵の事は解決できるもんな。
 いずれ、全員集合映画で復活するであろう事は分かっています。バットマンと並んでDCコミックスの顔だもんね。復活しなかったら嘘よ。



・総括

 要所要所は非常に楽しめたのですが、全体通すと「う~ん」と言わざる得ない。
 また、話の内容が全体的に暗いんですよね。なんでもリアルにやればいいってもんじゃないと思いますが、とにかくリアルにやり過ぎて暗い。ダークナイトが受けちまったから、その路線で行くしかなくなったんですかね。
 
 個人的には、バトルシーン見るだけでもブルーレイ買う価値はあると思うのですが、全体的な粗はどうしても気になってしまうので、脚本やなんかはちゃんと作り込んでほしいですね。その点マーベル系は上手くやってるな……と実感しました。……まぁ、最初のアイアンマンとハルクの繋がりは微妙だったんですが。

 とりあえず、ヒーロー総集合のジャスティス・リーグは楽しみにしたいと思います。
 そのうち、頑張ってバットマンVSスパイダーマンとかやってくんないかな。日本での知名度で言うと、この2ヒーローになると思います。まぁ、権利関係で難しいと思いますが(出版社の壁と映画会社の壁もありますからな)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。