「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」観て来た



 何気にマーベル系の感想書くの初めてかもしれませんが、ちょっと吐き出してすっきりしたい部分がありましてので、書きまする。
 別に酷評ではないですよ。




 アイアンマンからずっとこのシリーズを追っかけて来た身としては、アベンジャーズ2.5とも言える今作も、非常に楽しみにしておりました。
 ただ、題材となっているのがアメコミ原作ではヒーロー同士のガチバトルという事で大変問題になったシビル・ウォー。
 原作とはちょっと違いますが、この映画においてもアベンジャーズが二つに分かれて激突する物語になっています。

 ヒーロー同士のバトルというのは、最近でもバットマンとスーパーマンが戦ったりして、よくある展開ではあります。ただ、どの作品も誤解→和解→共闘というプロセスを乗り越えているもんです。
 それが、この作品ではどうなったのか……。


 以下、ネタバレ含みますので続きにて……







 観終わった感想。

 ……スッキリしねぇ。
 物語的にはこうするしかないんだけど、こういうヒーローを扱った作品で、爽快感を感じずに映画館を出るというのは非常に寂しい。



・冒頭バトルシーン

 相変わらずバトルシーンはすげぇですね。キャプテンアメリカの二作目でも従来とは少し違う迫力ある戦闘シーンを披露していましたが、今回も凄かった。
 特にファルコンの翼が盾になるとかめちゃ格好いい。……ただ、この人ってスーツのパイロットというだけで、そこまで戦闘能力高くない筈だったのに、いつの間にか主力メンバーになっているのね。元々退役軍人さんでしょ?
 そして、この戦いがきっかけで世論が動き、アベンジャーズは国連の支配下に置かれてしまう事に……。
 まぁそもそも、白昼堂々あんだけ大勢の人が居る中でのバトルですから、犠牲はどうしても出るでしょ。こればっかりは作戦考えたキャプテンに非があるんじゃね。



・ソコビィア協定

 アイアンマンことトニーは、ソコヴィアの事件は自分がウルトロン作ったせいで起きた事だから、そこを追求されると肯定せざるえんわな。
 賛成側は、主にアイアンマンに登場したキャラ達。
 んで反対側はキャプテンアメリカに登場したキャラ達になっていますね。
 しかし、元々管理下に置かれる事を拒否していたアイアンマンが賛成して、元々軍属所属である筈のキャプテンが反対に回るというのは皮肉にもんです。
 まぁキャプテンの場合は、前作で世界を守る筈のシールドが実はヒドラに乗っ取られていたとか色々あったしね。

 それにしても、勧告してきたのがハルクにて色々やらかしたロス将軍。悪人じゃあないんだけど、結構な人でなしだからなぁ。この人の下には就きたくない。



・ブラックパンサー

 最初はなにこの黒いウルヴァリンとか思っててごめんなさい。
 まぁ戦闘方法は非常に酷似しているんですが、アクションの映し方もあってかすげぇ格好良く見えました。
 ただ、身体能力パネェんですが、この方普通の人なんでしょうか? それともスーツの力? キャプテンの盾と同素材のスーツって事で、ある意味ではアイアンマンよりもアイアンマン。財力でも上っぽいですしね。



・アベンジャーズ分裂

 バッキーを守りたいキャプテンは、遂にアベンジャーズから離脱。彼の場合、今の時代に残されているものが、ペギーが亡くなった今バッキーだけだもんな。このまま引き渡すってのは無理ですよね。

 トニーも今の居場所であるアベンジャーズを無くしたくないし、仲間であるキャプテン達と仲違いもしたくない。仕方なく、自分達でキャプテンを捕まえる事に。

 両者ともに、心情的に理解できるし、間違ってもいない。それだけに、結果アベンジャーズを二分にしてのバトルというのが悲しい展開ですね。

 ファルコン経由で、アントマンも参戦。具体的にどうやって誘われたのか、すげぇ気になります。
 それにしても、ホークアイに連絡取ったり出来るんなら、彼にトニーに対して伝言とか頼めばいいじゃんよ。……と、後々思うようになりました。トニーじゃなくても、ヴィジョンならちゃんと冷静に聞いてくれるでしょうに。

 思うのは、ここにフューリーが居たら少しは違ったのかな……。
 あのおっさんも色々問題ありますが、第三者的な立場で助言でもしてくれれば、両者共に暴走しなかったんじゃないかと。
 ソーとハルクが居たらまた違った展開になった……とも思えますね。ただ、二人は絶対に政府には従わんだろう。



・スパイダーマン遂に登場

 後姿、最初は誰だろう……と思っていたら、ピーター・パーカーでした。
 いやぁ登場からずっとニヤニヤしっぱなし。トニーがスパイダーマンと名前を呼んでいるだけで嬉しくて嬉しくて……。
 大人の事情で今までアベンジャーズシリーズに出られなかったスパイダーマンが、遂に……遂に登場ですよ。
 傷つけずに無力化したいなら、確かに彼の能力はうってつけですね。

 この世界においては、既に力を得ていて、叔父さんも亡くなっているみたい。まぁ、叔父さんの死を何度もクドクドやられるよりは良いよね。バットマンなんて、何回両親殺されているんだか。
 それにしても、叔母さん随分と若返ったなオイ。いい意味で今までのシリーズとの差分になるんじゃないかと。



・シビルウォー

 アイアンマンチーム、キャプテンアメリカチーム遂に激突。
 ここでのバトルは楽しかったですな。
 ヴィジョンが居る時点でアイアンマンチーム圧勝だろと思っていましたが、スカーレット・ウィッチもかなりのチートなので、戦力的に拮抗。
 予告でキャプテンから盾奪った時点でスパイダーマン出番終わりかな……と思っていたので、その後がっつり戦闘に参加していたのが予想外でした。チームが横並びになっているシーンで、そこにスパイダーマンが居るってだけでニヤニヤが止まらない。
 単独映画と、アベンジャーズ3で本格的に他メンバーと絡むシーンが今から楽しみで仕方ない。

 そして、アントマン見た時から、設定上出来るんじゃないかな……と思っていた巨大化が実現。なんか、これによって一気に世界観が崩れた気もするのですが、観ている間はひたすら楽しかった。

 結果、アイアンマンチームの事実上の勝利とはなりますが、ブラックウィドウの裏切りや、トニーの親友であるウォーマシンのローズが深刻な重症を負う形になってしまった。
 殺し合いにはならないようにしていたというのに、この結末はキツイ……。

 負けた形になったキャプテンチームは、刑務所送りに……。これもキツイ。
 ホークアイ、ファルコンが悪態吐くのも心情的には理解できるのですが、もうちょっと自分たちにも非があった事を認めてほしい。トニーばっかりボロクソ言われて観てて可哀想なんだもん。



・ラストバトル

 こういうヒーロー同士のバトルものは、両者誤解からのバトル→和解して一緒にラスボス撃破。になるもんですが、今作ではその定石破りにきましたね。

 実際、途中まではその流れだったにも関わらず、トニーの両親を殺したのがバッキーだったという事が発覚し、トニーぶち切れ。
 正直、これは仕方ない。色々あって、なんとか和解しようとした矢先に、両親殺される映像見せられたらな……。しかも、かなりエグイ殺され方だし。

 ただ、バッキーがここで本気で抵抗している事が不満でした。
 ここは、バッキーは復讐を受け入れるべきだったんじゃね? それを止めようとキャプテンも本気でアイアンマンと戦うみたいなさ。
 タッグでアイアンマンと戦うシーンは、スタイリッシュで格好良いんだけど……素直にバトルを楽しめない。
 そして、予告でも印象的に使われていた「彼は友達なんだ」「私も友だった」の台詞が悲しい。
 正直、二人は性格も正反対だし、最初のアベンジャーズでは喧嘩ばっかりしていたので、友情があったと言われると微妙なのですが、トニーからすれば友達だと思っていたのですかね。元々、友達少ないだろうし、対等の立場で話し合える存在というのがアベンジャーズメンバーぐらいだったんだろうし。

 バトルの結果は、アイアンマンの負け。スーツの動力源であるリアクターを破壊する事で、殺さずに勝利。これ、アイアンマン3で肉体からリアクター取り外しておかなければ死んでいましたね。
 そして、精一杯の強がりで、キャプテンに父を殺したバッキーを助けるのなら、その父が作った盾を置いて行けと勧告。キャプテンもそれに従って、遂に象徴とも言える盾を捨てました。以後は、多分キャプテン・アメリカを名乗る事も無いんでしょうね。仲間たちを刑務所から救い出す時にコスチューム着てなかったし。

 結果としては、正規のアベンジャーズに残ったのはアイアンマンとヴィジョンのみですか。ローズも一応残っているので、実質アイアンマンに初期から居るメンバーだけになりましたね。ヴィジョンの中身はジャービスですし。こうしてみるとチームリーダーとしての器はトニーには無いんだなぁと実感しました。偽悪的、皮肉屋、短気、メンタル弱だもんなぁ。

 また、時が経って頭が冷えたのか、キャプテン達のチーム離脱を受け入れたみたいですね。キャプテンからの手紙が届き、いつか手におえない程の脅威が現れた時は、自分達を呼んでくれ……という事で、アベンジャーズ3では、駆けつけたキャプテンに対して盾を手渡すシーンが今から想像できます。その時が来るのはまだまだ先っぽいですが、楽しみにするとしましょう。

 次は、ブラックパンサーとスパイダーマンの単独作ですね。両方、アイアンマンとキャプテンが少しだけ出るんじゃないかと予想。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード