FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオハザード7 中盤辺りまで感想~



 多分中盤辺りまでクリア


 以下、ネタバレ含みますのでご注意ください。





 操作に慣れてきたらだいぶ酔わなくなり、プレイ自体も楽しくなってきました。
 ハンドガンやショットガン、そして特殊なカギ……。ゾンビに相当する敵キャラといい、だいぶ殺人鬼系ホラーから、バイオハザードっぽくなってきました。

 そしてゾンビっぽい敵キャラは、いつものバイオの感じで遭遇したらすぐに倒して行くと、すぐに弾が無くなる罠。
 狭い通路以外はなるべく回避した方が良いですね。

 また、一家の親父とのバトルは今までのゲームに無い感じで、凄い……というよりは衝撃的でした。
 まさか、車を利用して体当たり→バック→体当たり……を繰り返すとは。というか、かなり主人公にシンクロしていたので、マジで早く死んでくれ! とか思いましたけど。

 二回目のバトルでは、まさかのチェーンソーを武装。出来れば銃の方が心強いけど、これでチャンバラするはめになりました。……この主人公一般市民だよね。

 何故か生きていた恋人……じゃなくて奥さんを助ける為、なんとか屋敷内を探し回って奮闘する事に。でも、あれで生きていたって言われても、もう完全に手遅れなんじゃないかなとか思ったり。
 今までのシリーズで、あそこまで変貌して生きていられたケースって無いと思うんだけど。

 そして、初期バイオで言ったら寄宿舎にあたる別マップ……別館へと舞台は変わりました。
 ここは虫だらけ!
 向上したグラフィックで、この虫の館はきっつい。

 そして今回のボスにあたる一家の母親も虫の親玉でした。銃器の類も揃ってきたので、こちらの戦いは完全にバイオハザードの世界になってましたね。

 しかし、一人称視点のゲームって今まで抵抗があったんですけど、慣れてくると面白いですね。昔ガンコントローラーでプレイするガンサバイバーはプレイした事があったですけど、あっちはシューティングメインなゲームでしたからね。
 こうなると、昔のバイオ1もこのバージョンでプレイしてみたいですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

氷山 鷹乃丞

Author:氷山 鷹乃丞
 日々の日記やら、
 更新予定やら、
 ゲームや映画の感想や、
 出来たばかりのイラストを公開する場所です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。